コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院
文字サイズ
小さい
標準
大きい
背景色
標準
ハイコントラスト
ローコントラスト
国立がん研究センター 東病院
国立がん研究センター 東病院
表示色
小さい
標準
大きい
文字サイズ
標準
ハイコントラスト
ローコントラスト

MONSTAR-SCREEN:メンバーのご紹介

MONSTAR-SCREEN(モンスター・スクリーン)のメンバーを、それぞれのひと言とともに紹介します。

yoshino_2021.jpg

MONSTER-SCREEN 研究代表者

吉野 孝之

東病院 消化管内科長、東病院 臨床研究支援部門TR推進部長

我々の目標は、がんが再発・転移しても治る病気にすることです。「日本の患者さんに最も有望な薬を世界一早く届けたい」という思いから、新しい発想や技術をいち早く取り入れ、世界のがん治療をリードしてきました。今後もダイナミックに、フレキシブルに、誰よりも泥水すすって率先垂範いたします。SCRUM-Japanから患者さんとご家族に必ずMore than Happyを届けます。

bando_2021.jpg

研究事務局

坂東 英明

東病院 消化管内科医長、東病院 臨床研究支援部門TR推進部TR支援室長

SCRUM-Japanの世界最先端のスクリーニングで、患者さんに最も優れた治療を届ける事を目指します。
検査のこと、治療のこと、お気軽に問い合わせください。

nakamura_2021.jpg

研究事務局

中村 能章

東病院 消化管内科医員、東病院 臨床研究支援部門TR推進部TR支援室員

患者さんの治療選択肢を増やしたい、より良い治療を届けたい、その一心でSCRUM-Japanプロジェクトに取り組んでいます。ご質問やお困りのことがあればいつでもご相談ください。

fujisawa_2021.jpg

研究事務局

藤澤 孝夫

東病院 頭頸部内科医員、東病院 臨床研究支援部門TR推進部TR支援室員

がん研究の急速な進歩を治療につなげることで、明日のがん治療をより良くできるよう努力致します。

ishii_2021.jpg

研究事務局

石井 源一郎

東病院 病理・臨床検査科長、先端医療開発センター病理・臨床検査TR分野 分野長

病理医は、患者さんと直接対話をする機会がほとんどありません。
それでも患者さんと向き合った診療を常に心がけています。

kuwata_2021.jpg

研究事務局

桑田 健

東病院 遺伝子診療部門 部門長、東病院 病理・臨床検査科

患者さん、そしてご家族が安心してがんに立ち向かえるよう、最適な治療と最新の診断技術を届けることで常にサポートしていきます。

sakamoto_2021.jpg

研究事務局

坂本 直也

先端医療開発センター 臨床腫瘍病理分野ユニット長、東病院 病理・臨床検査科

事務局、病理医として、MONSTAR-SCREENに貢献していく所存です。

臓器代表

(消化管)

吉野 孝之

東病院 消化管内科長

(頭頸部)

岡野 晋

東病院 頭頸部内科医員

遺伝子診断に基づいたがんの治療開発は日進月歩であり、本プロジェクトは新たな治療へとつながるものと期待されております。頭頸部がん患者さんの期待に応えられるように努力してまいります。

(乳腺)

岩田 広治

愛知県がんセンター病院 乳腺科部部長(兼副院長)

我々は、転移・再発乳がん治療を受ける全ての患者さんに、最適な治療を届ける為に努力をし、治療中も最新の検査を導入して、あなたを見守っています。我々と共に、あなたとそして多くの患者さんの未来を作りましょう。

(泌尿器)

野々村 祝夫

大阪大学医学部附属病院 泌尿器科科長

泌尿器科領域では新規治療薬が次々と登場しています。患者さんごとに最適の治療薬を同定するべく他癌種と共に研究を進めて参ります。

(婦人科)

青木 大輔

慶應義塾大学病院 婦人科教授・診療科部長

主として卵巣がん、子宮頸がん、子宮体がんに対してより良い治療効果を目指し、患者さんに対しては最先端で最善の治療が提供できるように努力してまいります。

(皮膚科)

山崎 直也

中央病院 皮膚腫瘍科長、希少がんセンター

診断・治療の進歩のため新しい技術を取り入れて皮膚がんの克服をめざしています。我々医療スタッフと患者さん、ご家族がONE TEAMとなって前に進んで行きましょう。

(肝胆膵)

森実 千種

中央病院 肝胆膵内科医長

我々は非常に厳しい難治がんを扱っており、診療・研究のどちらにおいても思い通りにいかず悔しい思いをする場面が多い領域です。だからこそ我々医師が頑張るべき領域であり、熱意と団結力をもって活動しています。