コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > LC-SCRUM-Asia

LC-SCRUM-Asia

患者さんの数の少ない病気は薬の開発が難しく、新しい治療薬が届けられにくい環境にあります。特に、近年見つかっている希少な遺伝子変化をもつ肺がんは、肺がん全体の1%から2%程度のものが多く、これまでの臨床試験の方法では治療薬の開発は困難でした。

希少頻度の肺がんの患者さんに有効な治療薬をいち早く届けること、さらにアジアの臨床試験を活性化し、国際競争力を高めること、その結果として個別化治療を推進していくことがLC-SCRUM-Asiaの目標です。

現在進行中の研究

主たる研究

付随研究

過去に行った研究(現在追跡調査は継続中)