コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院
文字サイズ
小さい
標準
大きい
背景色
標準
ハイコントラスト
ローコントラスト
国立がん研究センター 東病院
国立がん研究センター 東病院
表示色
小さい
標準
大きい
文字サイズ
標準
ハイコントラスト
ローコントラスト

SCRUM-Japan メンバーのご紹介

SCRUM-Japanのメンバーを、それぞれのひと言とともに紹介します。

1_otsu_ok.jpg

SCRUM-Japan 事業代表者

大津 敦

国立がん研究センター東病院長

世界のがん患者さんに日進月歩で開発が進む最新の有効
治療を速やかに届けます。「治療をあきらめない」がわ
れわれのポリシーです。

2_goto_ok.jpg

LC-SCRUM-Asia 研究代表者

後藤 功一

東病院 呼吸器内科長

LC-SCRUM-Asia では、最先端の遺伝子検査を肺がんの
患者さんへ提供しており、遺伝子変化に基づいた個別化
医療の確立を目指しています。患者さんが少しでも有効
性が高い治療が受けられるように、今後も全力で研究を
継続していきます。

3_yoshino_ok.jpg

MONSTAR-SCREEN 研究代表者

吉野 孝之

東病院 消化管内科長

「More Than Happy 」を合言葉に、世界最先端のがん治
療(と希望)を届けることが我々の使命です。一緒に歩
み、あなたの明るい未来を創りましょう!

4_tsuchihara_ok.jpg

トランスレーショナルリサーチ担当

土原 一哉

先端医療開発センター トランスレーショナルインフォマティクス分野長、東病院 臨床研究支援部門TR推進部長

がん新薬の開発には基礎研究者、臨床研究者による共同
研究の推進が必要です。 SCRUM-Japan で得られる貴重
なデータを自ら研究に利用するだけでなく、世界中の研
究者との協業をサポートしていきます。

5_tsniguchi_ok.jpg

MONSTAR-SCREEN 研究事務局

谷口 浩也

東病院 消化管内科医長、東病院 臨床研究支援部門TR推進部TR支援室

がんを詳しく知ることでがんとの新しい付き合い方を発
見できるかもしれません。そのためのお手伝いをさせて
いただきます。

6_ikeda_ok.jpg

LC-SCRUM-Asia 研究事務局

池田 喬哉

東病院 呼吸器内科医員

LC-SCRUM-Asia を通して、肺がん患者さん一人ひとり
に、最適な治療薬を届けることができるよう取り組んで
いきます。

7_ono_ok.jpg

知的財産・産学連携担当

大野 源太

研究支援センター産学連携・知財戦略係長、リサーチ・アドミニストレーター

最先端の医療を提供する全国のドクター及びその関係者
並びに新しい医薬品の開発に取り組む企業の皆様のご協
力を得て実現しているプロジェクトです。連携担当とし
て支援できることをうれしく思います。

8_iiduka_ok.jpg

SCRUM-Japan事務局

飯塚 真央

東病院 臨床研究支援部門 TR推進部 シーズ開発支援室

SCRUM-Japan 事務局では、産学連携を促進し、最先端
の科学を患者さんの治療につなげる支援をしています。