コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院
文字サイズ
小さい
標準
大きい
背景色
標準
ハイコントラスト
ローコントラスト
国立がん研究センター 東病院
国立がん研究センター 東病院
表示色
小さい
標準
大きい
文字サイズ
標準
ハイコントラスト
ローコントラスト

MONSTAR-SCREEN

in English

メッセージ

“最も有望な薬を、世界で一番早く届けるために”

私たちは、日本のがん患者さんに最も有望な薬(診断薬、治療薬)を世界で一番早く届けたいという思いのもと、広範な固形がんの患者さんを対象とした、産学連携下の大規模ながんの遺伝子解析プロジェクトであるMONSTAR-SCREEN(モンスター・スクリーン)を進めています。日本から世界へ発信するため、国際がんゲノムコンソーシアム(ICGC-ARGO;International Cancer Genome Consortium- Accelerating Research in Genomic Oncology)の主要メンバーとして活躍の場を広げています。日本のがん患者さんに届ける福音(最も有望な薬)を世界のがん患者さんにも届けるためです。
MONSTAR-SCREENは、一人ひとりのがん患者さん(あなた)、そして未来のがん患者さん(あなたが愛する人たち)に『More Than Happyを届ける』プロジェクトです。そのメンバーは、日本のがん治療を担う最先端の医師を中心に構成されています。患者さんには治療を諦めず、当院を含むMONSTAR-SCREENの参加施設を受診するか、参加施設の窓口に相談していただきたいと考えています。

yoshino_2021.jpg

MONSTAR-SCREEN 研究代表者
東病院 消化管内科長
吉野 孝之

MONSTAR-SCREENとは

  • 広範な固形がんを対象に、がんの遺伝子変化を調べる産学連携プロジェクト
  • 患者さんへの負担が少ない血液を用いた遺伝子解析技術(リキッドバイオプシー)を導入
  • がんの発生や薬剤の有効性との関係が示唆されている腸内細菌叢の(経時的)解析

MONSTAR-SCREEN-2とは

  • 肺がん以外の進行固形がんを対象に、がんのDNA・RNA・タンパク質の異常を網羅的に解析(マルチオミクス解析)する産学連携プロジェクト
  • がん組織を用いた解析だけでなく、患者さんへの負担が少ない血液を用いた遺伝子解析技術(リキッドバイオプシー)を導入
  • 多量かつ多種類の情報から病態の本質を抽出するために、AI(人工知能)を用いた解析も導入

> 詳細はこちら

関連試験

MONSTAR-SCREEN(モンスター・スクリーン)の関連試験に関してご案内しています。

参加施設

MONSTAR-SCREEN(モンスター・スクリーン)の参加施設に関してご案内しています。

プロジェクトの成果

MONSTAR-SCREEN(モンスター・スクリーン)の成果を紹介しています。

メンバーのご紹介

MONSTAR-SCREEN(モンスター・スクリーン)のメンバーを紹介しています。